YouTubeは登録者数よりも、登録者の質の方が大切な理由

ユーチューブを副業でやっている方も多いとおもいますが、「チャンネル登録者数が多ければ多いほど良い」とおもってはいないでしょうか?
実は、そうではありません。

仮にチャンネル登録者数が多かったとしても、登録者の質が低ければ、再生数は伸びないからです。
今回は、チャンネル登録者数が多いだけでは再生数をあまり取れない理由について、説明していきます。

一つ目の理由は、「登録者全員が皆さんに興味を持っているわけではないから」です。

ですが、その場合、「プレゼントに興味はあるけれど、登録した人には興味がない」という人がたくさん登録する事になりますよね。
もちろん、プレゼント企画は、その人を知るキッカケになるので、全否定するわけではありません。

登録者数が100万人いても、皆さんに興味のある人が1万人しかいなかったら、おそらく皆さんの動画は1万再生か、あるいはもっと少ないとおもいます。
一方で、登録者数が10万人いて、興味を持ってくれる方が5万人いたとしたら、動画の再生数は5万再生付近になります。

そのため、プレゼント企画や、登録者を増やす小手先のテクニックなのではなく、「より良い動画を届け、よリ良い登録者を増やしていく」というアプローチが必要なのです。

二つ目の理由は、「動画の継続率」にあります。
ユーチューブでは、とにかく高く評価される動画の特徴の一つが、「離脱率の低い動画」です。
離脱率が高ければ、それだけユーザーが動画に飽きてしまっている割合が高いからです。

そして、皆さんに深い興味を持っている登録者がいればいるほど、そのような方は動画を離脱せずに継続的に見る傾向があります。
そのため、ユーチューブから高い評価を受けやすくなるのです。
高い評価を受ければ、登録者以外からもより多くの再生数が集まりやすくなり、そしてその再生した人がまたチャンネル登録をして…みたいな良い循環が出来ていくのです。

では、どうすれば質の良い登録者を増やせるのでしょうか?
これは一つです。
テクニックを使わずに、価値のある動画を作っていくだけです。
そのような作品を作っていけば、時間はかかるかもしれませんが、少しずつ人が増えていくとおもいます。
そうすれば、皆さんに深い関心があって、皆さんのことが好きな登録者が増えていきます。

今回は、ユーチューブは登録者数よりも、登録者の質の方が大切な理由を書きました。
皆さんも、「数」ではなく「質」にこだわってみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする