シェアリングサービス

所有することからシェアリングと言う考え方が一般的になり、シェアリングサービスで投資を行うことも増えつつあります。
例えばマイカーを所有することが難しくなり、シェアリングで利用する方々が増えていることに着目して、複数人で自動車を分割して所有することにより、シアリングするたびに収益が舞い込んでくると言うサービスも生まれつつあります。

もちろんその対象が車だけではなく不動産であったり、様々なサービスであったり、多様化しているのが現在の状況です。要するにシェアリングほどこれからの時代にマッチしたものはないと言うことです。

金融商品であればどうしても値上がりや値下がりが発生するたびに自分自身の収益が大きく変わってきますがシェアリングサービスであれば定期的に利用さえすれば初期投資に伴って間違いなく収益が入ってくることになります。
このような考え方をもとにするとリスクが非常に少なく、シェアリングは大きな投資効果があると言えるでしょう。

特にこれからの時代を考えた場合、さらにその傾向が強く、少子高齢化が進むのであればリスクを持って大きな投資を行って所有するよりもシェアリングで生きていこうと言う方々が増えます。
このマーケティングの視点から考えた場合にもシェアリングサービスに投資を行うと言う事は非常に大きなメリットがあるでしょう。自分自身が直接シェアリングサービスを行うのではなく、シェアリングサービス事業者を応援する投資、いわゆるシアリングサービスを展開する事業外車に投資をすると言うことも大きなメリットになってくるのではないでしょうか。

実際にシェアリングと言う言葉に対して抵抗も少なく、規模の大きい小さいに関係なく様々な方々が利用するようになっているのでどれだけニーズがあるかも見やすくなってきています。結果として、シェアリングサービスの利用者、事業展開する事業者、そしてそこに投資を行う方々と言うビジネスモデルが出来上がりつつあるのは言うまでもありません。。

後は、所有からシェアリングと言う文化がどのスピードで進むかによってシアリングサービスに投資することのメリットが大きく変わってきます。
しかしながら、この時代の波に遅れてしまうとどうしてもメリットを享受しづらくなってきますので遅れることなく早め早めの投資を行うことが利益を大きくするための大きな投資のポイントになってくると言っても過言ではないでしょう。 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする